WBCの編成 なぜベストメンバーが組めないのか

サッカーでもそうですが、真剣勝負の国際試合はやはり見入ってしまいますね。普段あまり見ない僕でも試合展開に一喜一憂し興奮します。リビングからは興奮した叫び声が聞こえたり・・・W杯ほどじゃないにしろ全国で見てる方は多いのではないでしょうか。今回は打ち勝つ派手な試合が多いので単純に観戦してておもしろいです。

ただ参加してる代表メンバーがベストメンバーかといえば、そうでもないですね。特に投手に関してはベストからほど遠いといってもいいでしょう。
特に今回の投手陣はメジャーはもとより国内の沢村賞をとった投手も辞退しています。よって過去の大会では中継ぎに沢村賞投手の杉内投手がでてくる・・・なんていう豪華なパターンはないです。

では選手が小粒になっているのかといえばこと投手に関しては日本代表史上最高の人材が揃っています。

なにせヤンキースのエース、レンジャーズのエースがいますからね。さらにマリナーズの2番手、去年大活躍したドジャースのスーパールーキーもいます。また抑え中継ぎではワールドシリーズ制覇した投手もいます。とくに田中投手やダルビッシュ投手はメジャーでも一線級の先発投手として評価されてますから、こんなに人材が揃ってることは未だかつてなかったわけです。もちろん国内では大谷投手もいます。みんな辞退しましたけど(笑)

じゃあなんでみんな辞退するかといえばやはり現状WBCには権威がないからしょうね。名誉が手に入らず選手にとってリスクしかないわけです。

サッカーのように超一流FWである スアレスがW杯でようやく初ゴールできてインタビューで涙を流しながら「W杯でゴールするのが夢だった」といったり、W杯ではないですが最近の五輪のサッカーで所属チームのリーグ開幕戦に支障がでるにもかかわらず出場して優勝したあと神に祈りながら号泣したネイマールのようなことは、野球では到底おこりえないことなんですね。

WBCは歴史が浅くまだ始まったばかりなので、W杯などと比べるのは酷ですが、だからといってこのまま回数を重ねていけば権威がでるのかといえば疑問です。

なにせ日本だけに関していえば回数を重ねた4回目の今大会が一番辞退者が多かったからです。WBCの価値が回数を重ねて重くなるどころか逆に軽くなっているんですね。
大谷選手が辞退したあと、ある国内代表選手が語ったように本音では辞退したいのです。なにせシーズン準備の大事な時期に開催されるわけですから、シーズンの成績に影響しかねない。年俸に響きますからね。プロとして当然です。

これからWBCを本当の意味での国際大会にするのはどうすればいいのか。いろいろありますが、まずは開催時期を見直すべきでしょう。開幕前のOP戦の時期にやるのがまずい。選手に負担がかかりすぎますし、怪我もしやすいですからね。球団も選手を出すのを渋ります。もちろん時期をかえること自体、かなり難しい話ですが。

要するにメジャー単体で超儲かっていて、別段国際試合なり代表試合なりする必要性がメジャー側にはなんらないということです。
そんなことしなくてもメジャー単体で自己完結して膨大な利益を上げている。だから需要がそれほどないのです。ここら辺がお金がなくて儲けるために代表常設に踏み切ったNPBとは大違いです。

こういう中ではWBCの枠組みを大きく変えることは現状難しいと僕は思います。

タイトルとURLをコピーしました