超初心者のためのドラクエ10 実践編 キャラメイク

ドラクエ10を全く始めからやる場合、まずキャラメイク→オフラインでプロローグ編(1時間くらい)をクリアーしてからオンラインへと進みます。まずここで基本的な操作など覚えましょう。

ちなみに例えばすでにドラクエ10をプレイしている友人宅などで始めた場合は、オフラインのプロローグ編を全て吹っ飛して、いきなりオンライン編から始めることができます。ただし、掴みのストーリーが丸々吹っ飛ぶことになるで・・・ストーリー重視の方は普通にプレイした方がよいです。ストーリーとかダルい、早くオンラインプレイさせろ!という方は飛ばしても問題ありません。

一回プロローグをクリアーすると以後、別のキャラで始めからやっても飛ばせるようになります。

スポンサーリンク

キャラメイク

まず冒険の前に「自身」と「兄弟姉妹」のキャラメイクをします。性別や髪型、大きさ、色など好きなように決めましょう。

まず髪型や顔の形などは後で自由に変更できますので適当でもいいです。後の美容室で変更の方がここにはない色々な髪型や色を選べるので、深く考えずに決めましょう。

名前も1000円かかりますが後から変更可能です。

替えることができない箇所は男/女「性別」とおとな/こども「体型」と兄弟姉妹の「続柄」です。この3つは二度と替えることができないのでよく考えて決めましょう。ちなみにこの人間の姿はver1の終盤まで進めると自由に種族から変更できるようになります。

「性別」「体型」「続柄」を決める

まずこのキャラメイクで決めたことはなんらステータスに影響は一切ありません。どんな髪型でも男でも女でも、こどもでもおとなでも全部同じステータスになります(昔は「体型」ですばやさや重さなど多少差違がありました)。

「性別」は男/女の2種類ですが、ここで決めた性別は、プロローグ編終了後に選ぶ5種族の方でも同じものになります。男を選べば、5種族からどれかを選ぶ時も男のキャラしか選べません。

「体型」は先述した通り、こどもでもおとなでもステータスは変わりません。では何がかわるかといえば、見た目の他に「各種モーション」が変わります。モーションとは走り方や各種武器の構えやしぐさなどが男や女でも変わりますがさらにこども、おとなでもそれぞれ違います。(さらに5種族でもそれぞれかわります)ある程度どんなモーションか本格的に始める前に一度見てみてもよいかもしれません。

このモーションはドラクエ10のウリの一つでもあります。例えば、弓の構えは、5種族、人間大人・こどもでそれぞれ違いますが、職業でもかわる場合があります。けっこう細かいです。

「続柄」は主人公に対する兄弟姉妹を決めます。兄弟姉妹の容姿はver3のオープニングで変更可能なので適当に決めてもかまいません。兄弟姉妹はver1とver2ではほぼ絡みがありません。兄だろうと姉だろうと妹だろうと、ストーリーやステータス等に影響はありませんが、一度決めた続柄は変更できませんので、しっかりと決めておきましょう。といっても何がかわるわけでもないので自分の好みで問題ないです。

キャラメイクが終わるといよいよ冒険が始まります。

 

男キャラか女キャラか 

ドラクエ10の男女キャラ比率は公式のデータだと大体半々です(若干女性キャラが多い)。が、実際の中身というのもあります。

僕の体感では女性キャラの半分以上は・・・中身男性ですね。とはいえゲームの中で野郎キャラなんて操作したくねえよ!という声は実に共感できる部分です。

中にはキャラのフリーコメントでわざわざ中身男性だとカミングアウトしてる男らしい方もいます。または冒険日誌で宣言してる人もいます。カミングアウトしても尚、女性を演じる方もいます。かわいらしいドレアをしてる女性キャラと思ったら、一人称「俺」でビックリすることもあります。

ソロだと問題ないですが、他人と関わるキャラの場合、多少基準を設けた方がよいかもしれません。じゃないとキャラがブレブレになりますので(笑)

ちなみに僕のフレンドには、他人も混じった野良のパーティの時は「私」でかわいい女性を演じ、気心知れたメンツでは「俺」になり素に戻る方がいます。

 

タイトルとURLをコピーしました